群馬県前橋市にお住いのK様からのご依頼です。

最近、奥様の具合が少し良くないとの事で氏神様を設置する事にしたそうです。

最高級型の2尺、台は2.5尺用をご希望でした。

 

まず台の搬入からです。

トラックから、台を下ろしていきます。。

四輪車にのせて、1つ1つ搬入していきます。

基礎は、お施主様が職人さんという事もあり、ご自分で綺麗に作られていました。

水平を確認して、台を取り付ける位置を決めていきます。

 

 

水平が良く出ていて、平でしたので今回は接着剤と少し微調整が効く鉛玉を使って設置していきます。

 

 

一番下の台の設置が終わりましたら、次の台です。

また、位置決めをしていきます。

 

同様に、設置していきます。

接着剤は、弾力性のあるものと、ガチガチに固まるものの2種類を使っています。

 

 

今回は、機械を使わずに施工をしています。

 

 

氏神様の設置をする場所は、比較的狭い場所が多いです。

その為に、台は1.5尺より上になると5分割された物がほとんどです。

 

 

台の設置が終わりましたら、本体の設置です。

位置決めの印を付けて同様に設置していきます。

 

 

最高級型氏神様は、細工が多く慎重に作業を進めていきます。

 

常に水平を見て確認しながら作業を進めます。

 

笠の設置が終わり、これから柱の設置です。

 

柱が入って完成です。

夕方、日が落ちるのが早かったのですが無事完工です。

 

 

後日、点検と掃除に来ました。

今回は、台座がビシャン加工になっており表面が整っているのが特徴です。

普段は割肌と言って、もっと自然石風な加工です。

こうしてみると、台を2.5尺にして大きくするのも良いバランスだと感じました。

 

 

笠の横も細工が多く豪華さが出ています。

 

 

笠の上も、瓦一枚一枚綺麗に細工されています。

御守りなども入って、奥様の体調も日に日に良くなっているそうです。

ご家族の健康、繁栄を願います。

この度は工事のご依頼誠にありがとうございました。

 

 

 

群馬県にて氏神様の作成をお考えの方は、下記よりお気軽にお問い合わせください。