氏神専門店㈱天翔堂の店長 岡﨑です。

群馬県高崎市宮沢町(旧榛名町)にて2尺氏神様(標準型)の据付工事を行いました。

お客様は、新しい氏神様と石碑の設置。

他に、古い氏神様の撤去処分をご依頼されました。

まず、基礎工事です。

基礎穴を掘りまして、砕石を入れて転圧します。

基礎は高さを出して、氏神様の土台にもなるようにします。

お客様のご要望は、地面と氏神様をつなげる為に土台に穴をあけてほしいとの事でした。

上の写真のように、丸いパイプを入れました。

ダンプに、反ネリと言われるコンクリートを積んで来ました。

一輪車で搬入します。

 

水を加えて混ぜてから、型枠内に入れていきます。

全て入れ終わったら、工業バイブを入れて中の空気を出します。

生コンクリートの空気を出す事で、強度が出ます。

コテで仕上げをして基礎、土台は完成です。

石碑は、ご自宅に昔からあるものです。

接着剤だけでは心配ですので、アンカーボルトでとめます。

氏神様も同様に、基礎と氏神様の一番下の台に穴をあけます。

そこに、アンカーボルトを入れて接着剤も入れていきます。

 

今回は、地面と氏神様や石碑を繋げるという意味でコンクリート製土台にも空気穴をあけてありました。

氏神様の土台にも、会社の穴あけ機械で穴をあけてきました。

 

穴には、土を詰めます。

接着剤を使いながら、取り付けをします。

 

完成です。

氏神様本体の下に、土台の石を一枚入れました。

高さが石碑と大体同じくらいなるように作成しました。

以前からある石碑も、汚れを落としましたので綺麗になりました。

古い石碑も綺麗になりましたので、きっとご先祖様も喜んでいるでしょう。

この度は、工事のご依頼誠にありがとうございました。