千葉県にお住いのお客様より、「自宅の敷地内に氏神様をつくりたい」というご依頼をいただき、設置をしに行って参りました!

 

当然ですが石はとても重いたので、人力で運ぶのはとても大変ですので機械を使って荷下ろしや設置工事をしていきます。

 

ご希望の設置場所に台座の一番下の部分を設置していきます。

外構屋さんが施工した、土間はとても綺麗ですのでキャタピラーの跡が残らないように気を付けました。

 

 

位置決めは重要ですので、念入りに計測していきます。

 

耐震施工用のボンドを塗っていきます。

 

 

今回、土台の加工は上下は磨いてあります。

その他は、割肌と言って自然石風の加工にしてあります。

ほとんどの方は、この割肌を選ばれています。

 

お施主様も、工事が気になるようでそばで見学されていました。

 

今回は、本体が2尺最高級氏神様です。

台座は、2.5尺です。

台座を大きくした分けは、お供え物を置くためのスペースを確保する為です。

 

 

水平を見て、最後の確認をしていきます。

 

氏神様の設置作業が完成しました!

大きさはバランスがよく、グレー色と最高級型の細工が華やかですね。

 

お客様には、「色味がご自宅の外壁やブロックと同系色でこの色にして良かった!」と喜んでいただきました。

 

当店は、主に群馬県一円にて氏神様の施工を行っておりますが、氏神様やお稲荷様をご希望されている方のお役に立てますよう、遠方からのご依頼も、なるべくご対応させていただきたいと考えております。「少し距離があるから難しいかな?」と思われる方も、まずはお電話やメールにて、お気軽にご相談ください。

 

 

 

千葉県での氏神様の作成や修理、移設等に関しては、下記よりお気軽にお問い合わせください。